スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴ狩り&木曽路へ その1 ~天龍峡編~ 

2014, 10. 25 (Sat) 20:00

10月25日(土)晴れ時々曇り
メイちゃんファミリー、今回は車中泊で長野県の飯田市へリンゴ狩り、その後木曽地方に行ってきました。

ここは、道の駅「信濃路下條そばの城」
P1460744.jpg

とっても静かな道の駅で、とてもよく眠れました。
P1460745.jpg

メイちゃん朝のお散歩、まだ眠いかな
P1460752.jpg

ここは、食堂が充実しているようです。
ケンミンショーで紹介された五平餅やソースかつ丼があるそうです。
ちなみに、ここは峰竜太さんの地元らしいです。
P1460753.jpg

メイちゃん、朝ご飯ね
P1460759.jpg

美味しかった?
P1460760.jpg

ふつうかな
P1460767.jpg

その後、まずは天竜峡へ向けて出発しました。数分で到着。
我が家はもともと乗りませんが、天竜ライン下りは朝が早いためまだやってませんでした。
P1460771.jpg

天竜峡には、1周1時間ぐらいでまわれる遊歩道があります。
我が家はとりあえず右回りで回ることにしました。
P1460774.jpg

紅葉は、まだちょっと早かったようです。
P1460788.jpg

この遊歩道は、上り下りが結構あって、いい運動になります。
P1460783.jpg

途中、くりがたくさん落ちてました。
P1460791.jpg

また、この辺りはリンゴ畑がたくさんあるせいか道にはリンゴが転がってました。
うちの近所では、たまに柿が落ちてますけどね。
P1460795.jpg

どんどん歩いていきます。紅葉の季節は、この辺の景色もきれいだと思います。
P1460800.jpg

数少ない紅葉している木の横で無理やりパチリ。
P1460802.jpg

展望台からパチリ。メイちゃんのうつろな目が・・・。
P1460806.jpg

それにしても階段の多いこと・・・。
P1460813.jpg

絶景ポイントの吊り橋が見えてきました。
P1460826.jpg

メイちゃん、珍しくズンズンと進んでいきます。
P1460830.jpg

と思ったら、途中で我に返り止まってしまいました。
P1460831.jpg

メイパパは、去年の奈良の天川村の吊り橋でメイを抱っこして渡った際に、
メイが暴れとても怖い思いをして以来、吊り橋恐怖症になってしまいましたので、
結局、メイママが抱っこして渡りました。
P1460836.jpg

こちら吊り橋からの景色です。紅葉のころは、もっと美しい景色でしょう。
P1460833.jpg

写真では伝わりませんが、かなり迫力満点の景色でした。
P1460834.jpg

こちら右手の大きな岩が「龍角峯(りゅうかくほう)」です。
天竜川の深淵に住む龍が天に昇ったときにできた「龍の化身」と伝えられています。
P1460840.jpg

龍角峯をバックにパチリ。
P1460850.jpg

橋を渡ったところにある「名水 昇龍泉」。
「若返り 美人のごとし」とは、いざ飲まねば!! 
P1460852.jpg

P1460853.jpg

ものすごい勢いで、ジャバジャバ出てました(笑)。なので、遠慮なくいただきました。
このお水は、ほんとに結構美味しくて、メイですらガバガバと飲んでました。
P1460854.jpg

先ほどの龍角峯の正面でパチリ。
P1460860.jpg

次にメイちゃんだけを座らせて撮ってみましたが・・・。
なんちゅう表情をしてるねん・・・
P1460861.jpg

で、おやつを見せて撮り直し。
P1460864.jpg

その後は遊歩道をまた歩きました。
朝が早かったのでほとんど人がいなくて、歩きやすかったです。
P1460865.jpg

この日は、イベントがあるようです。なので、混む前に朝一番で来たんです。
長野のメイママさん、情報ありがとうございました!
P1460870.jpg

1周回ったところで、石碑等がありました。
ひょっとしてこちらが入口だったのかも(笑)。
P1460873.jpg

P1460880.jpg

駅前広場では、地元の人たちがイベントで出店をされていました。
P1460882.jpg

このお漬物がとっても美味しかったので、買ってしまいました。
P1460884.jpg

天竜峡見物の後は、メインイベントのリンゴ狩りへ向かいました。
P1460886.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。