スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道後温泉とお遍路PART2 その3 

2014, 12. 21 (Sun) 14:14

こちらは道後温泉本館です。
017.jpg

きれいにイルミネーションがされていました。
今の時期だけみたいですが。
[広告] VPS


メイちゃんとパチリ。
043.jpg

入口付近でパチリ。
021.jpg

道後温泉には4つの入浴コースがあります。
023.jpg

「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」のモデルのひとつになったそうです。
024.jpg

もう一度メイちゃんとパチリ。
P1490569.jpg

この後、商店街をしばらく散策しました。
P1490576.jpg

商店街を抜けたところに道後温泉駅の広場があり、そこにカラクリ時計がありました。
026.jpg

一時間ごとに、小説「坊っちゃん」の登場人物が音楽にあわせて動き出します。
[広告] VPS


真ん中にマドンナがいます。
047.jpg

この広場に、坊ちゃん列車が停まっていました。
035.jpg

メイちゃんだけでパチリ。
032.jpg

メイちゃん、お疲れの様子。
じゃ、いったん車に戻りましょう。
039.jpg

メイちゃんを車に乗せた後、温泉に行きました♪
道後温泉別館「椿の湯」。(ピンボケですいません)
P1490578.jpg
お湯は道後温泉本館と同じです。とってもいいお湯でした。

施設は大きな浴槽がひとつだけで、雰囲気は昔のお風呂屋さん。
メイパパが入った男湯では浴槽の横で寝っ転がって談笑しているおじいさんたちがいたそうです。(笑)

これで二日目は無事終了。
048.jpg

お休みちゃん。
スポンサーサイト

道後温泉とお遍路PART2 その2 

2014, 12. 21 (Sun) 13:10

午後からは、松山市内へ。
到着したのは「浄瑠璃寺(じょうるりじ)(第四十六番)」。
P1490472.jpg

和銅元年(708年)行基上人によって開基。御本尊は薬師如来です。
P1490475.jpg

たくさんのご利益が拝めることで有名なお寺です。
P1490479.jpg

仏足石。裸足で立つと健脚、交通安全に御利益があるそうです。
P1490481.jpg
他にも霊鷲山の石を埋め込んだ説法石などなどたくさんありました。

次に向かったのが、「八坂寺(やさかじ)(第四十七番)」。
P1490487.jpg

伽藍の建立のために、8つの坂を切り開いたことに由来して「八坂」という名前が付けられたそうです。
P1490488.jpg

境内の中にある閻魔道には、「極楽の道」と「地獄の道」があります。
P1490500.jpg

まずは、「地獄の道」から。
P1490489.jpg

道には角ばった石が敷き詰められていました。
P1490491.jpg

次に「極楽の道」へ。
P1490497.jpg

こちらはキレイな道でした。
P1490498.jpg

八坂寺を出た後は、「文殊院(もんじゅいん)(別格霊場第九番)」に到着。
こちらは、遍路の開祖といわれる「衛門三郎(えもんさぶろう)」のゆかりのお寺。
P1490501.jpg

諸説あるそうですが、衛門三郎という人の伝説があり、このお寺には、衛門三郎と8人の子供の位牌が伝わっているそうです。
P1490505.jpg

次に向かったのが、「西林寺(さいりんじ)(第四十八番)」。
P1490506.jpg

罪深い人が門をくぐると無間地獄に落ちるとのことで関所寺と言われているそうです。
P1490508.jpg

こちらで団体のお遍路さんに遭遇。
メイちゃんはお遍路犬として愛相抜群♪ 
おかげでとても可愛がってもらいました(笑)
P1490515.jpg

じゃ次行きましょうか
P1490521.jpg

次に向かったのが、「浄土寺(じょうどじ)(第四十九番)」。
平安時代中期、恵明上人が行基上人作の釈迦如来を祀り創建したといわれています。
P1490522.jpg

空也上人が里人に説法したお寺といわれています。
P1490524.jpg

境内はとてもよい雰囲気です。
P1490525.jpg

メイちゃんおやつね
P1490543.jpg

メイちゃんもお遍路犬ご苦労さんです。
P1490546.jpg

夕方になったのでこの日のお遍路は終了。
P1490548.jpg

お疲れちゃん。
この後、道後温泉へ向かいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。