スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤穂義士祭 

2014, 12. 14 (Sun) 23:33

12月14日(日)晴れ
メイちゃんファミリー、メイママ父とメイママ母を連れて、赤穂市にやってきました。
P1490224.jpg

元禄15年(1703年)12月14日に、赤穂浪士(四十七士)が吉良上野介邸に討ち入り、
元禄赤穂事件が起こりました。
これにちなんで、赤穂市では毎年、赤穂義士祭が行われています。
P1490228.jpg

まずは、赤穂城跡にある大石神社へ向かいました。
P1490230.jpg

こちらは、討ち入りをした赤穂浪士(赤穂義士と呼ばれています)を祀る神社です。
P1490232.jpg

参道には、四十七士の像が並んでいました。
P1490233.jpg
P1490237.jpg

大石内蔵助の像の前でパチリ。
P1490238.jpg

それでは参拝しましょう。
メイママ母でーす。
P1490242.jpg

メイママ父でーす。
P1490244.jpg

境内は、ものすごい人。まるで初詣状態です。
P1490247.jpg

本殿前でパチリ。
P1490250.jpg

境内にもある大石内蔵助の像の前でパチリ。
P1490255.jpg

参拝が済んで外に出ると、行列に参加する人たちが通りました。
P1490256.jpg

なかなか格好いい出で立ちです。
P1490259.jpg

次に向かったのは、「鹿久居荘赤穂店」です。ランチタイムです。
P1490263.jpg

はい、チーズ。
P1490266.jpg

メイママとメイママ父はカキフライ定食。
メニュー写真よりも、たくさん入ってました。(笑)
P1490271.jpg

メイパパとメイママ母は刺身定食。こちらもたくさん入っていました。
P1490273.jpg

追加で、坂越産焼き牡蠣を注文。この地域は牡蠣が有名です。
P1490274.jpg
ほんとにお腹いっぱいになりました。

この後、行列が見えるポイントに向かいました。
メインイベントの赤穂義士行列までは、いろんな行列が通りました。
P1490276.jpg

P1490279.jpg

途中、メイパパだけ抜けて、「花岳寺(かがくじ)」に向かいました。
IMG_1572.jpg

この寺は、1645年に浅野家の菩提寺として建てられました。
浅野家にとって、江戸づめのための菩提寺が泉岳寺、国元・播州赤穂の菩提寺が
花岳寺になるそうです。
IMG_1574.jpg

赤穂義士のお墓がありました。
IMG_1576.jpg
IMG_1579.jpg

御朱印もいただきました。日付が12月14日というのがなかなかです。
P1490371.jpg

さて、行列にもどります。こども大名行列です。
P1490281.jpg

なかなか可愛らしいです。
P1490282.jpg

イヨッと!
P1490287.jpg

続いて、こども義士行列。
P1490300.jpg

この日は大寒波が到来してとても寒く、子供の中には、薄着なのでガタガタ震えてる子もいて
ちょっとかわいそうでした。
P1490302.jpg

続いて、大人の大名行列です。
P1490307.jpg

こちら、長い行列の中でも見せ場の大鳥毛の受け渡しです。
柄の長い鳥毛を勇壮に回し投げ渡しながら行進していくんです。
なかなか楽しめました♪
P1490313.jpg

綺麗どころの行進です。
P1490317.jpg

メイはつまんなーい。(笑)
P1490298.jpg

次に、忠臣蔵の名場面を再現した山車が通りました。
まずは、江戸城松之廊下のシーンを再現した「殿中刀傷の場」。
P1490318.jpg

浅野長矩(内匠頭)が、吉良上野介に切りかかる場面です。
P1490322.jpg
「殿中でござる!」
P1490323.jpg

続いて、切腹の場面です。
P1490326.jpg

赤穂城明け渡しの場面です。
P1490328.jpg

続いて、「神崎東下り」の場面です。
赤穂の浪人、神崎与五郎は、大石内蔵助の内命を帯びて、京から江戸へ向かう途中の
箱根の山の茶屋で休んでいるところに、ならず者に言いがかりをつけられたが
討ち入りという大事を前に、与五郎は我慢を重ねて恥辱を受けたまま去るというシーンです。
P1490332.jpg

続いて、一力茶屋の場面。
仇討ちの心がないと敵方の目を欺くため(?)、祇園の一力茶屋で遊興三昧の日々を送っている場面です。
P1490336.jpg

続いて「りくとの別れ」の場面です。
いよいよ討ち入りを決意した大石内蔵助は、妻(りく)と今生の別れを告げる涙の名場面です。
P1490339.jpg

そして、「討ち入りの場面」です。
P1490343.jpg
演じていたのは、地元の高校生や役所の人たちが中心。
ずっと同じポーズをとり続けての行進。
なかなか根性がいります。
P1490345.jpg

さて、いよいよメインイベントの義士行列です。
だいぶ待った・・・。めっちゃ寒い・・・。
P1490350.jpg

見事、本懐を遂げた四十七士は、主君の眠る泉岳寺まで凱旋するという名場面を再現です。
やってきました。先頭は、大石内蔵助。演じるのは特別ゲストの俳優の「松平健」さんです。
P1490352.jpg

動画で撮ってみました。音が大きいです。下手なナレーションがちょっと耳障りです。
[広告] VPS


沿道の観客に笑顔で通る松平健さん。
途中で、サンバが流れるかなと思いましたが、さすがにそれは無かったです。(笑)
P1490355.jpg

この日、一番の盛り上がりでした。すごい歓声が起こっていました。
P1490356.jpg

この後、四十七士が続きました。
大石内蔵助の息子の大石主税(ちから)役には地元の高校生が演じているそうです。
P1490358.jpg
P1490359.jpg

人が多くなったので、メイパパとメイちゃんは後ろで避難。
P1490361.jpg

最後に、ゆるキャラ「陣たくん」が通りました。
大石内蔵助が討ち入り当時に持っていたとされる陣太鼓がモチーフで
義士装束を身に着け、赤穂のPRに励んでいるそうです。
P1490367.jpg

陣たくんをバックにパチリ。
P1490370.jpg

これで、パレードは終了。
寒かったですが、赤穂浪士大好きメイママ父と母。楽しんでくれたようで良かったです。


とても寒かったですけど、ま、楽しかったです(^^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。